こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市内の地域墓地でのお墓工事のご紹介です。

image1 (0C3)

既に外柵の据え付けや基礎コンクリートは仕上がっておりますので、今回は芝台の据え付けから始めさせて頂きます。

区画内の前後左右のバランスに気を配りながら、芝台を水平に据え付ける作業に集中いたします。

image2 (092)

芝台の各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたしますが、補強はこれだけではございません。

四隅をステンレス製のコーナー金具とコンクリートでしっかりと補強することも必須です。

お墓の補強は常に2~3種類の方法を組み合わせ、より優れた強度と耐久性の確保に努めております。

image3 (080)

芝台の次は墓石下台(四ツ石)の据え付けです。

花立などの付属品を置くスペースや左右のバランス、水準器を用いて全ての部材が水平に仕上がるようにじっくりと取り組みます。

補強も芝台と同様に4つの部材で構成されておりますので、耐震ボンドやステンレス製のコーナー金具による補強を行います。

これらの補強により、各部材のねじれやゆがみを長期に渡って防ぎます。

image4 (056)

続いて墓石の中台、上台、棹の順に据え付けを行います。

工程ごとに複数の現場スタッフがお互いに確認をしながら、正確に仕上げてまいります。

前後左右のバランスや水平な据え付け、耐震補強にも気を配りながら丁寧な作業を心掛けております。

image1 (0C4)

棹の据え付けを終えましたら、最後の仕上げに取り掛かります。

目地のコーキングを丁寧に行い、玉砂利を敷きます。

玉砂利の下に防草対策を施すことも怠りません。

この防草対策は多くのお施主様方からご好評を頂いております。

お墓を綺麗に拭き上げ、工事をさせて頂いた区画の周囲や通路をお掃除しましたらお墓工事の完了です。

お施主様は国内産御影石での墓石建立をご希望ですので、石種選びの段階から綿密に打ち合わせを重ねてまいりました。

経年劣化に対する耐久性だけではなく、石目や色合いの美しさも考慮した石種でのお墓づくりです。

お施主様やご家族の皆様に末永くお参りして頂けますように建立の準備をしてまいりましたので、完成後にお施主様からお褒めのお言葉を頂き、私共も本当に嬉しく思います。

今後もお墓を建立されるお客様にご満足頂けますように、石寅では優良な石種の厳選から加工・施工まで、精一杯努めさせて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です