こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市内のお寺様の墓地での基礎工事のご紹介です。

image1 (0D4)

お酒で区画を清めさせて頂きましたら作業開始です。

先ずは必要な深さまでしっかりと土を掘り下げます。

image2 (09A)

区画内の土を掘り下げましたら、ランマ―で地盤を転圧いたします。

続いて砕石を敷き、再び転圧を繰り返します。

基礎コンクリートはとても大切ですが、それを支える地盤をしっかり締めることも重要ですね。

image3 (087)

掘りと転圧の次は配筋です。

区画に合わせて寸法切りした鉄筋を組み上げてまいります。

強度に偏りがないように均等な配置が大切ですね。

また、組み上げた鉄筋を結束線でしっかりと固定することも必須です。

これはコンクリートを流し込む際に鉄筋のズレを防ぐために重要なポイントです。

また、組み上げた鉄筋の高さをピンコロで調整することも怠りません。

完成後には外から見えない部分ですが、末永くお参りして頂けるお墓づくりの礎と言える工程です。

時間を惜しまずに丁寧な作業を心掛けております。

image4 (05D)

配筋が完了しましたらコンクリートを流し込みます。

気泡を抜きながら、満遍なく区画内をコンクリートで満たしていきます。

水抜き穴を設け、表面を仕上げましたら、周囲のお掃除も怠りません。

墓地を利用される皆様にご迷惑をお掛けすることがないように、現場スタッフは常に心掛けおります。

最後にシートをかけて基礎工事の完了です。

コンクリートの深部がしっかり固まるまで養生いたします。

次回は巻石工事になりますが、粗相が無いように精一杯努めさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちらです