こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログでは、豊橋市内の地域墓地でのお墓の外柵工事のご紹介です。

image1 (0BA)

基礎工事は既に完了しておりますので、今回は墓石の外柵の据え付けです。

しっかりと養生をした基礎コンクリートは強度重視のベタ基礎です。

お墓を面でしっかりと支えます。

地盤をランマ―で強化することも、鉄筋をきっちりと組み上げることも丁寧に行っております。

image2 (08B)

間口や奥行きの位置決めだけではなく、水準器を用いて外柵の各部材を水平に保ちながら据え付けに取り組みます。

複数の職人が相互に確認しながら、じっくりと作業に集中いたします。

正確な仕上がりの為、急がずに丁寧な取り組みを心掛けております。

image4 (053)

外柵の各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

この耐震ボンドはとても強力な接着力でお墓や外柵などを長期に渡って固定してくれます。

また、外柵内部の角をステンレス製のコーナー金具でがっちりと補強することも怠りません。

耐震ボンドとコーナー金具による補強により、外柵のねじれや歪み、開きを防ぎ、お施主様の大切な墓石をしっかりと守ってくれます。

完成後に外からは見えない部分ですが、地震に強いお墓づくりには必須の工程です。

image3 (07B)

外柵の施工が完了しましたら、次は墓石本体を支える基礎コンクリートの打設です。

区画全体を支えるベタ基礎コンクリートと同様に、型枠を組みましたら配筋をいたします。

現場スタッフは黙々と作業を進めますが、この工程でも相互確認をしっかりと行っております。

寸法切りした鉄筋を組み上げ、結束線でしっかりと固定しましたら、ピンコロで鉄筋の高さを調整いたします。

結束線で鉄筋を固定することで、コンクリートを流し込む際の鉄筋のズレを防ぎます。

ピンコロで鉄筋の高さを調整することでコンクリートと鉄筋がバランスよくなじむようにいたします。

気泡を抜きながら満遍なくコンクリートを流し込み、表面を仕上げましたら、今回の工事は一旦終了です。

これらの工事は全てお墓の基本料金に含まれております。

追加料金は一切頂いておりません。

最後に区画周辺や通路のお掃除もしっかりと行います。

次回の墓石工事まで、基礎コンクリートをじっくりと養生いたします。

今後も地震や経年劣化に強いお墓づくりに精一杯努めさせて頂きます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です