こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市内のお寺様が管理される墓地での墓石工事のご紹介です。

image1-0b1

既に基礎コンクリートは仕上がっておりますので、墓石の下台(四ツ石)の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器を用いて水平を調整しながら、慎重に据え付けを行います。

正確な仕上がりのため、急がずにじっくりと取り組みます。

image2-086

下台(四ツ石)は4つの部材で構成されております。

各部材が接触する面は耐震ボンドで接着をいたします。

また、四隅はステンレス製のコーナー金具でがっちりと補強することも大切です。

これらの補強が下台のねじれや歪みを防ぎます。

末永くお参りして頂くお墓づくりには必須の工程ですね。

image1-0b2

続いて上台の据え付けです。

前後左右のバランスや水平に気を配りながら据え付けに集中いたします。

お施主様にご安心頂けるお墓づくりに焦りは禁物です。

複数の現場スタッフがお互いに確認し合いながら丁寧な作業を心掛けております。

image5-02d

次は棹の据え付けです。

こちらのお墓は耐震ボンドとステンレス製耐震棒による補強です。

直径25㎜の耐震棒を2本使用して棹と上台を繋ぎます。

今回のお施主様はシリコンやウレタンよりも長寿命なステンレスを使用した補強を選択されました。

弊社では免震ゲルや耐震パッドによる地震対策も承っております。

耐震・免震法には各種ございますが、それぞれの特徴と墓石の形状などを考慮した最適な耐震施工をご提案いたしております。
image4-04e

棹の次は、花立などの付属品を据えてまいります。

墓石周囲の仕上げを行い、区画内と通路のお掃除を終えましたらお墓工事の完了です。

今回のお施主様のご要望は地震に強くて美観に優れた洋型墓石です。

設計の段階から何度も打ち合わせをさせて頂いたお施主様のご自宅に完成の報告にまいりました。

納骨の日にはお手伝いに伺うことになっておりますので、お墓開きの打ち合わせもさせて頂きました。

お施主様にご満足を頂きまして、私共も一安心です。

今年も残り少なくなってまいりました。

明日の工事も頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です