こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊川市営御油第二霊園での基礎工事のご紹介です。

image1-0b1

先ずは区画をお塩、洗米、お酒で清めましたら、土の掘り下げから取り掛からせて頂きます。

既存のコンクリート枠に影響が無い深さまでしっかりと土を掘り下げます。

既存の枠や地盤の状況にもよりますが、30㎝ほどの深さまで掘らせて頂くことが一般的です。

image2-086

次は掘り下げた地盤をランマ―で転圧いたします。

基礎コンクリート自体も大切ですが、それを支える地盤の補強化も重要です。

転圧した地盤に砕石を敷き、更に転圧を繰り返します。

転圧ムラがないように、じっくりと隅々まで丁寧に行います。

image1-0b5

転圧の次は配筋です。

適切な寸法に切断した鉄筋を丁寧に組み上げてまいります。

組み上げた鉄筋は結束線で固定いたします。

これによりコンクリートを流し込んだ際に生じる鉄筋のズレを防ぎます。

image4-04e

結束線で固定した鉄筋はピンコロで高さを調整いたします。

コンクリートが均一に仕上がるための配慮も怠りません。

お施主様の大切なお墓を支える基礎コンクリートです。

じっくりと慎重な取り組みを心掛けております。

image5-02d

配筋が完了いたしましたら、コンクリートを流し込みます。

気泡を抜きながら満遍なく仕上げてまいります。

今回の基礎コンクリートはお墓の構造上の都合で水抜き穴を設けておりませんが、一般的な形式のお墓の場合は複数の水抜き穴が必要です。

表面を仕上げて、区画の周囲や通路のお掃除をいたしましたら基礎工事の完了です。

お施主様にもご確認を頂きまして、次の墓石工事まで養生いたします。

明日の工事も現場スタッフ一同精一杯努めさせて頂きます。

 

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

豊川御油第二霊園はこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です