こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市内の寺院墓地でのお墓の巻石工事のご紹介をさせて頂きます。

image5 (026)

既に基礎工事は完了しておりますので、今回はお墓の巻石の据え付けです。

正確な据え付けを心掛けておりますので、慌てずにじっくりと取り組ませて頂きます。

image2 (06F)

こちらの墓地は隣接する区画との距離がかなり接近しておりますので、境界線に気を付けながら作業に集中いたします。

複数の現場スタッフが何度も確認をしながら作業が進めてまいります。

image1 (098)

巻石に各部材が接触する面を耐震ボンドで接着いたします。

また、内側の四隅をステンレス製のコーナー金具で補強することも怠りません。

これらの補強により、巻石のズレや歪みを長期に渡って防ぐことが可能になります。

末永くお参りして頂けるお墓づくりのためには必須の工程ですね。

image3 (061)

補強の次は巻石の内側にコンクリートを流し込みます。

これは墓石本体を支える基礎コンクリートです。

既に完了済みの基礎と巻石内の基礎コンクリートの厚みを合計しますと約60㎝になります。

image4 (03E)

気泡を抜きながら満遍なくコンクリートを巻石内に行き渡らせます。

中心の四角い升状の部分が納骨堂です。

本来なら水抜き穴を設ける必要がございますが、今回はお墓の形状の都合で水抜き穴は不要です。

表面を仕上げましたら、周囲のお掃除をして作業は一旦終了です。

コンクリートの芯がしっかり固まるまでしばらく養生いたします。

しっかりしたお墓づくりのためには各工程毎に時間が必要ですので、慌てた工事は厳禁ですね。

次の墓石本体工事も一生懸命頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です