こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市営梅田川霊苑でのお墓工事のご紹介です。

image3 (087)

既に基礎コンクリートは完成しておりますので、お墓の根石の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器を用いて各部材を水平に調整しながら、じっくりと作業に集中いたします。

image1 (0CE)

根石の位置決めが完了しましたら、各部材が接触する面を耐震ボンドで接着いたします。

その接着補強に加えて内側の四隅をステンレス製のコーナー金具でもがっちりと補強することが大切です。

これらの補強により、墓石を支える根石の歪みやねじれを長期に渡って防ぐことが可能です。

末永くお参りして頂く丈夫なお墓づくりには必須の工程です。

今回の工事は台座式のお墓です。

根石の次に壁石を据えますが、この壁石も先程の根石と基本構造は同様です。

前後左右の位置や水平に気を配りながら据え付けに取り組みます。

耐震ボンドやステンレス製の金具を用いて補強をさせて頂くことは怠りません。

image4 (05D)

根石・壁石の次は天板です。

これらの工程は内側の補強だけではなく、根石の天場と壁石の底場、壁石の天場と天板の底場を垂直方向で補強することも必須です。

各部材の接触面は耐震ボンド、垂直方向の補強はステンレス製の耐震ピンを使用いたします。

耐震ピンの打ち込み箇所は根石と壁石間が10カ所、壁石と天板間も10カ所の計20カ所に及びます。

これに耐震ボンドによる接着補強を加えることで、地震による縦揺れ・横揺れに対処可能になります。

地震に強い丈夫なお墓づくりを心掛けておりますので、時間を惜しまず丁寧に取り組みます。

image5 (038)

天板の次は墓石の上台です。

慎重に位置決めを行い、耐震ピンを挿入する穴を調整しながらじっくりと据え付けます。

間違いがないように、複数の現場スタッフがお互いの仕上がりを何度も確認いたします。

image6 (01C)

続いて竿の据え付けです。

棹にも地震対策を施しますが、その方法には免震ゲル・耐震ボンド、填め込みなどがございます。

今回はお施主様からのご要望により、直径25㎜のステンレス製の耐震棒を2本装着いたします。

耐震ボンドも併用して、より確実な強度の確保に努めます。

目地打ちや付属品の配置など、最後の仕上げも気を抜かずに取り組みます。

お墓や区画周辺、通路のお掃除もきっちりと行い、梅田川霊苑を利用される皆様にご迷惑をお掛けすることがないように心掛けております。

梅田川霊苑では洋型のお墓、特にオリジナルデザインを希望されるお客様が多い墓地です。

お施主様にご採用頂きましたデザインによるお墓を、お子様やお孫様の代まで手直しなくお参りして頂くために、現場スタッフはこれからも精一杯努めさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

梅田川霊苑についてはこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です