こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

今回のブログは豊川市のお寺様の墓地での墓石工事のご紹介です。

image3 (085)

巻石は既に完成しておりますので、今回は墓石本体の据え付けです。

準備が整いましたら作業開始です。

image1 (0CA)

 

墓石の下台(四ツ石)の位置決めを行いましたら、水準器を用いて水平に各部材を据えてまります。

正確な仕上がりのためには時間を惜しみません。

複数の現場スタッフが相互に確認をしながら、じっくりと作業に集中いたします。

image2 (096)

墓石の下台は四ツ石と呼ばれ、文字通り4つの部材で構成されております。

各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

このボンドの強力な接着力で下台を固定することが可能です。

それに加えて下台内側の四隅をステンレス製のコーナー金具でがっちりと補強いたします。

強力な接着力と長寿命なステンレス製金具による補強で、下台の歪みや開きを長期に渡って防ぎます。

丈夫なお墓づくりには必須の工程です。

image4 (05B)

続いて中台、上台、棹の順に据え付けを行います。

前後左右のバランスに加えて、水平にも気を配りながら丁寧に取り組みます。

お施主様は国内産御影石にこだわりをお持ちで、墓石本体や巻石に使用される石種について何度も打ち合わせをさせて頂きました。

弊社から様々な産地の御影石のご説明をさせて頂きましたが、その都度お施主様は石についての思いを語ってくださいました。

私共も大変興味深くお話を伺いまして、時間が経過することを忘れてしまう程でした。

ご先祖様やお墓に対するお施主様の思いにお応えできますように、担当スタッフ一同精一杯努めさせて頂きました。

完成したお墓を眺めさせて頂き、これからも皆様にご満足頂けるお墓づくりに励まなければと思いを新たにいたしました。

宜しくお願い致します。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です