こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市の大岩霊園でのお墓のリフォームのご紹介です。

image1 (0BB)

こちらは弊社がお世話になっている株式会社真日様の代表取締役 朝倉真一郎様のお宅のお墓です。

本体は岡崎産の高級御影石を使用した1尺角の荘厳な墓石です。

この度、お墓のリフォームのご依頼を頂きまして、今回は玉垣と墓誌板(追加分)の据え付けをさせて頂きました。

image3 (07C)

先ずは玉垣を据える根石になる部分を洗浄いたします。

汚れを完全に落として乾燥させましたら、玉垣と根石を繋ぐための補強用の穴をあけてまいります。

耐震ボンドによる接着だけではなく、ステンレス製の耐震棒による補強は必須ですね。

免震ゲルにつきましてもお施主様にご説明を致しましたが、耐用年数を重視されてステンレス製の金具を選択されました。

image2 (08C)

部材ごとに位置や水平を確認しながら、正確に作業を進めてまいります。

既存の外柵に玉垣を追加する場合は、部材を破損させないように慎重な作業が必要です。

石寅ではお墓のリフォーム工事の際はベテランの職人が必ず携わり、全工程に集中して取り組ませて頂きます。

image4 (054)

玉垣の据え付けが完了いたしましたら、墓誌板の据え付けです。

既に墓誌板はございますが、今回はお亡くなりになられた方のお名前ではなく、大切なお言葉を刻んだ墓誌を追加で設置されます。

こちらも時間をかけて正確に据え付けを行います。

お墓のリフォームは新規の工事より長めに納期を頂くことがございます。

既存の墓石や外柵、基礎コンクリートや補強個所などを傷めないように、通常よりも繊細な作業が求められるからです。

こちらはお施主様のお父様が建立された大切なお墓である上に、現在ではほぼ採掘されていない貴重な石種を使用された墓石ですので、万一の際の取り換えはほぼ不可能です。

お墓のリフォームはこのような点も考慮しなくてなりませんので、より一層の責任感と緊張感を持って努めさせて頂いております。

image5 (033)

お施主様は作業中に何度も現場にお立ち寄りくださいました。

完成したお墓をご覧になられてご満足頂けたようです。

弊社現場スタッフもホッと一安心です。

既に建立されたお墓をより美しく丈夫な姿でお施主様にお参りして頂けますように、今後も石寅はお墓のリフォームに取り組んでまいります。

そのための努力と研究は怠りませんので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です