こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市営飯村墓地での墓石工事のご紹介です。

image2-081

既に基礎コンクリートは完成しておりますので、今回は芝台の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器を用いて水平に気を配りながら、慎重に各部材を据え付けてまいります。

image5-02c

各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

四隅はステンレス製のコーナー金具でも補強を行い、各部材のねじれや歪みを防ぎます。

複数のスタッフが相互に確認をしながら、正確な作業としっかりした補強に努めております。

これらの補強により、経年や地震に強い墓石が建立できます。

image1-0ad

芝台、下台(四ツ石)、中台の順に据え付け作業を進めてまいります。

下台(四ツ石)は芝台と同様な基本構造ですので、ステンレス製の金具や耐震ボンドで補強をいたします。

中台や上台の据え付けの場合は使用する金具のタイプが違いますが、耐震ボンドによる補強も同様に行います。

お施主様にご安心頂けるお墓づくりのために、時間と手間を惜しまずに作業に取り組ませて頂きます。

image1-0ae

続いて、墓石の棹の据え付けです。

前後左右のバランスや水平に細心の注意をしながら作業に集中いたします。

image2-082

こちらの墓石は、地震による倒壊を防ぐために棹と上台をステンレス製の耐震棒で補強いたします。

今回の耐震棒の直径は25㎜になります。

墓石の寸法や形式により、耐震棒の寸法や数量を調整いたします。

また、耐震ボンドによる接着も併用いたしますので、その耐震効果は更に高まります。

この数年間、お客様からお墓の地震対策についてのお問い合わせは増え続けております。

耐震・免震、どちらの工法もおすすめしておりますが、免震ゲルよりも長寿命なステンレス製の耐震棒による補強を希望される方が多いようです。

耐震と免震では性質が異なりますので、それぞれの特徴を詳細にご説明いたしております。

お客様のご要望や墓石の形式や寸法に適した工法をおすすめいたします。

墓石工事が完了いたしましたら、飯村墓地を利用される皆様にご迷惑をお掛けしないように、区画周辺や通路のお掃除もきっちりと行います。

お施主様に墓石完成のご報告に伺いましたら、明日の現場作業の準備に取り掛かります。

今日は久しぶりに陽射しが強く、汗ばむほどでした。

天気予報によりますと明日の天気は微妙ですが、現場作業は一生懸命頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

飯村墓地について はこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です