こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市営梅田川霊苑での墓石工事のご紹介です。

image7-00f

既に基礎工事と外柵の施工は完了しておりますので、今回は墓石本体の据え付けです。

水準器を用いて根石を水平に据え付けてまいります。

急がず、慌てず、時間をかけて正確な作業を心掛けながら取り組みます。

image6-019

根石の各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

この耐震ボンドは、一度接着したら簡単には取り外しができないほど強力です。

また、根石の四隅はステンレス製のコーナー金具でも補強をいたします。

この補強により、根石のズレや開きを長期に渡って防ぐことが可能です。

根石の天場には10か所の穴をあけております。

これは根石の上に据える壁石をしっかり繋ぐステンレス製の耐震ピンを挿入する穴です。

image4-044

次は壁石の据え付けです。

根石の上にステンレス製の耐震ピンが見えますでしょうか。

根石と壁石をしっかりと据え付けるために、絶対に必要な補強です。

この工程でも耐震ボンドによる接着を行います。

image3-06a

壁石の次は、天板の据え付けです。

先程の工程と同じく、壁石と天板も耐震ピンと耐震ボンドでがっちりと補強いたします。

墓石の完成後、外からは見えない部分ですが、末永くお参りして頂く丈夫なお墓づくりには必須の作業です。

石寅では基礎工事や耐震補強など、外から見えない部分こそ、時間と経費と労力を惜しまないように取り組んでおります。

image2-078

続いて墓石本体の据え付けです。

天板上に据え付ける位置、水平の具合など、複数の現場スタッフが確認しながら作業に集中いたします。

image1-0a2

次に、上台と棹の順番で据え付けをいたします。

各部材とのバランスを入念に計測しながら、位置決めを行います。

地味な作業に見えますが、墓石の外観や水はけ具合などに大きく影響する重要なポイントです。

根石や壁石と同様に、墓石本体も耐震ピンや耐震ボンドによる補強をいたします。

各工程をひとつずつ確実に丁寧な作業で取り組めば、完成時の仕上がりだけではなく、建立後もしっかりした状態を長期間維持すること可能になります。

お施主様だけではなく、お子様やお孫様にもご満足頂けるお墓づくりのために、石寅の現場スタッフはコツコツと取り組んでまいります。

明日の作業も頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

梅田川霊苑についてはこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です