こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

この数日間、涼しい日が続いておりましたが、今日は朝から天候に恵まれて汗ばむような陽気ですね。

さて、本日は豊橋市内のお寺様の墓地での巻石工事のご紹介です。

image4-042

既に施工済みの基礎コンクリートはしっかりと固まっております。

早速、巻石の据え付けを始めさせて頂きます。

image3-068

水準器を用いて水平に気を配りながら、1部材ずつ丁寧に作業を進めてまいります。

正確な作業を心掛けておりますので、時間に余裕を持って据え付けに集中いたします。

現場スタッフ同士の相互確認も決して怠りません。

image1-0a0

各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

とても強力な接着剤ですので、これだけでもかなりの強度が確保可能です。

この接着補強に加えて、四隅はステンレス製のコーナー金具でしっかりと固定いたします。

これらの補強により、巻石のねじれや開きを長期に渡って防止できます。

末永くお参りして頂くお墓づくりには必須の工程です。

image2-076

巻石の据え付けが完了いたしましたら、次は墓石本体を支える基礎工事です。

内側に鉄筋を組み上げ、コンクリートを流し込みます。

今回は巻石の内寸に合わせて芝台を設置いたしますので水抜き穴は不要ですが、通常は水抜き穴を設けます。

この後、巻石の天場近くまで約30㎝の厚みの基礎コンクリートを仕上げます。

地下30㎝の深さで区画全体を支える基礎コンクリートも合わせますと、コンクリートの厚みは計60㎝になります。

お施主様がご要望の地震に強いお墓づくりのためには妥協はできません。

建立後に手直しが不要なお墓づくりを目指して、現場スタッフは精一杯取り組ませて頂いております。

手間と時間を惜しまず、明日の作業も頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です