こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

今日は朝から雨と風が強く肌寒いほどでしたが、昼過ぎからは天候が回復して春らしい気候になりましたね。

さて、本日は豊橋市内二川町の地域墓地に伺いました。

image1 (077)

当初はお墓の建て替えのご相談でしたが、現地でお墓を拝見いたしますと、建て替えの必要性を感じないほどしっかりしております。

image4 (02F)

今から約40年ほど前に建立されたお墓ですが、墓石本体も舞台も全て国内産の高級御影石を使用されておられます。

現地からお客様に、建て替えの前にリフォームも検討してはいかがでしょうか?とお電話をさせて頂きました。

お客様はお墓が傷んできたと心配されておられましたが、経年によるコケのせいでお墓が古く見えるだけで、加工も施工もしっかりしており、まだ数十年はお参りが可能です。

お客様にその点をお伝えいたしますと、建て替えの前にリフォームも検討して頂けるとのことですので、お墓の細部をじっくりと確認させて頂きます。

image2 (059)

お墓本体から舞台、巻石まで確認をさせて頂きながら計測いたします。

このコケは通常のお掃除ではとりきれないかもしれませんが、お墓クリーニングを行えばしっかりと除去することが可能です。

建立から40年以上が経過したお墓には見えなくなるでしょう。

image3 (04A)

舞台の前の参拝部の仕切りが2カ所ほど開いております。

これは決して当時の職人さんが手抜きをした訳ではありません。

写真では分かり難いのですが、こちらの墓地は緩い傾斜があり、立地的に不利な上に当時の補強技術では限界があったのだと思われます。

その他の部分は全く問題がありませんので、当時の職人さんが一生懸命取り組んでくれたことが分かります。

ただ、このままでは内部の土などが流出して墓石の傾きの原因になります。

気になる点はここだけです。

この入口の部材を一度解体して基礎工事をやり直し、耐震補強をして据え直せば安全上の問題は解決です。

その上でお墓のクリーニングを行えば外観も見違えるほどきれいになります。

処分してしまうのは本当に勿体ないと思います。

リフォームして頂ければお孫様の代までお参りして頂けることをお客様にお伝えいたしますと、建て替えだけではなくリフォームも検討して頂けることになりました。

 

お墓は石材が寿命を迎えたり、重大な破損がなければ、新しく建て替えをされなくてもリフォームすることでまだまだお参りをして頂くことが可能です。

ご先祖様が建立された大切なお墓です。

そのお墓には皆様の思い出に溢れ、当時の職人さんの思いも込められております。

昭和時代のお墓には、現在では貴重・希少な石種を使用されていることも少なくありません。

また、建て替えに比べて費用を抑えることができます。

建て替えの前にリフォームも検討してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です