こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

今日は少し肌寒さを感じるほどで、昨日の暖かさが恋しくなるような日ですね。

さて、本日は豊橋市内のお寺様の墓地での墓石工事のご紹介です。

image1 (06F)

既に基礎工事と外柵の施工は完了しておりますので、今回は墓石本体の据え付けになります。

先ずは墓石の下台(四ツ石)から始めさせて頂きます。

image3 (044)

水準器で水平を確認しながら正確に据え付けてまいります。

墓石の下台は四ツ石と呼ばれ、四つの部材で構成されております。

各部材が接触する面は耐震用ボンドでしっかりと接着いたします。

また、四隅はステンレス製のコーナー金具で更に補強を行います。

これらの補強により、各部材のねじれや歪み、ズレを防止することが可能です。

末永くお墓参りをして頂くためには必須の作業ですね。

image4 (02B)

下台(四ツ石)の次は中台の据え付けです。

この工程でも耐震用ボンドを使用いたしますが、免震ゲルや金具による補強も行っております。

急がずにじっくりと取り組みます。

全ての工程は複数のスタッフが確認しながら作業を進めております。

image2 (052)

こちらのお施主様は外柵や下台(四ツ石)の四隅以外は金具の使用を控えるようにとのご指示を頂いております。

弊社では免震ゲルや金具による補強をおすすめしておりますが、お施主様のお考えやご事情によりまして工法は様々です。

特に墓石の棹と上台、上台と中台にステンレス製の耐震棒を使用されることを敬遠される方は少なくありません。

墓石に棒状のものを通すことは心情的に気になられる方もいらっしゃるようです。

また、免震ゲルは経年劣化による取り換えを心配される方もおられます。

石寅では複数の地震対策や補強法を併用することをおすすめしております。

主な方法は下記の通りです。

※金具による補強

※接着剤やコンクリートによる補強

※はめ込みや組み込みによる補強

※耐震パッド、免震ゲルによる補強

これらの方法が中心になります。

完成後には外から見えない部分ですが、長期に渡って問題なくお墓参りして頂くためにはとても重要です。

大切な補強だからこそ費用の面で断念されることがないように、石寅ではどの方法をご選択頂いても、複数の方法を併用して頂いても全て無料で行っております。

 

また、石寅では全てのお施主様にご安心頂くために、最低でも30年間の墓石保障をさせて頂いております。

施工法や石種によっては更に長期間の保証もございますので、お墓の補強、地震対策についてご不明な点やご意見などががございましたら、お気軽にお問い合わせを頂きたいと存じます。

お客様にご安心頂けるまで、何度でもご提案をさせて頂きます。

末永くお参りして頂けるお墓づくりのために皆様と一緒に取り組ませて頂きたいと考えております。

 

明日の工事も頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です