こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市内のお寺様の墓地での外柵工事のご紹介です。

image2 (042)

既に基礎工事は完了しておりますので、今回は外柵の施工から始めさせて頂きます。

水準器を用いて水平に据え付けてまいります。

じっくりと正確に取り組ませて頂きます。

外柵は墓地の区画の境界を明確に示すものになりますので、水平だけではなく、その位置も測りながら正確な施工が求められます。

また、墓石本体を支える土台の役割も担っておりますので、下場だけではなく内側の基礎や補強も大切ですね。

image3 (037)

外柵の各部材が接触する部分は耐震用接着剤、四隅はステンレス製のコーナー金具で二重の補強をいたします。

これにより外柵の開き、ねじれや歪みも防ぎます。

完成後の外観では見えませんが、この補強は最も重要な工程の一つです。

ほぼ全ての石材店が行っている必須の作業ですが、その形式や寸法により補強金具のタイプや数量が変化いたします。

求められる強度によって、それらを調整させて頂きます。

image1 (05B)

巻石の設置が完了いたしますと、次は内側をコンクリートで固めてまいります。

耐震用接着剤、ステンレス製金具、コンクリートによる補強で長期に渡ってお墓を維持する強度を確保いたします。

次に墓石本体を支える基礎工事です。

鉄筋を組み上げ、コンクリートを流し込んで仕上げてまいります。

この墓石直下の基礎コンクリートが固まるまでの間、工事を一旦中断いたします。

全体がしっかり固まるまでしばらく日数が必要です。

次回は墓石本体の施工になります。

お施主様にご満足頂けるように精一杯務めさせて頂きます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です