こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市内の地域墓地に伺いました。

お施主様はこちらのお墓の建て替えをされるので、今回は解体・撤去工事をさせて頂きます。

お施主様はこれを機会に墓地も引っ越しをされるそうです。

image5 (00E)

今から40年ほど前に建立されたお墓です。

使用石種も素晴らしいのですが、加工精度と施工技術の高さに驚きました。

40年が経過していてもお墓の傾きや各部材の継ぎ目にほとんどズレがありません。

同じ石屋として敬意を感じます。

解体することが残念な気がするほどの素晴らしさです。

image2 (030)

既にお精抜きとお骨の取り出しは完了しておりますので、棹から順番に解体させて頂きます。

image3 (027)

写真をご覧になられた方でお墓に削岩機を使用するのかと違和感を覚える方もいらっしゃることと思います。

こちらの墓石は、現代では必須である接着剤やコーナー金具などの補強がされておりませんが、部材の組み合わせとセメントの上手な使い方で現代の工法に劣らない強度を維持しているのです。

お墓に削岩機を使用させて頂くことは心苦しいのですが、通常の方法では解体が極めて困難なほど頑丈です。

改めて、こちらのお墓を施工された当時の職人さんの技術力に感服いたしました。

image4 (01A)

石積の台座も頑丈ですね。

image6 (009)

この段階までに通常の2倍の時間が必要でした。

image1 (44)

解体した台座などをトラックの荷台に積み込みます。

image7 (005)

クレーンで荷台に積み込みます。

素晴らしいつくりのお墓を解体してしまうことは残念で寂しいですね。

弊社で新しく建立させて頂くお墓も、当時の職人さんに負けないように取り組ませて頂きます。

image1 (047)

整地と周囲のお掃除をしたら解体・撤去工事の完了です。

作業が終了いたしますと、弊社の親方が「この職人さんに会ってみたいな。」と呟いておりました。

確かに素晴らしい腕をお持ちの方だと思います。

私は今回の解体工事で大切なことを学ばせて頂きました。

既存の技術を見直して駆使すれば、最新工法や最新補強法に負けない効果を生み出せることが可能だと痛感いたしました。

伝統的な技術を時には古臭い考えだと軽視される方もおられますが、それぞれの素晴らしい点を改めて見直し、今後の工事に生かしていこうと親方と話し合いました。

今回の工事で素晴らしい機会を与えてくださいましたお施主様に深く感謝いたします。

本当にありがとうございました。

新規建立工事も気持ちを引き締めて取り組ませて頂きます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です