こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

今日は朝からいい天気で、体を動かすと汗ばむくらいの陽気ですね。

絶好の現場日和です。

さて、本日は豊橋市内の地域墓地に基礎工事に伺いました。

image3 (014)

お酒とお塩で区画とスコップを清めましたら、作業を開始させて頂きます。

墓石の構造や重量を考慮して、適切な深さまで掘り下げます。

今回は約40㎝の深さまで掘らせて頂きました。

image2 (01A)

お施主様のご希望により、両側は土を残すことになりました。

この深さまで掘り下げた基礎コンクリートでしたら安心ですね。

image1 (029)

ランマーで転圧しましたら砕石を敷きます。

再び転圧した後に両側の土を残す部分に仕切りをいたします。

こちらの基礎工事につきましては、お墓の構造や納骨の方法などが通常の墓石とは違うために、お施主様と何度も打ち合わせをさせて頂きました。

image4 (00C)

仕切りが完了しましたら、次は配筋です。

上の写真は配筋の途中ですが、籠状の鉄筋も必要になります。

その後はコンクリートを打設して、全体を仕上げましたら基礎工事の完了です。

今回の基礎工事に至るまでの期間は、通常の墓石に比べてかなり月日が必要でした。

世界に一つしかないオリジナル墓石とのご要望にお応えして設計をさせて頂きましたが、耐久性や機能性なども含めて、必要な要素が一つでも欠けていたら墓石として成立いたしません。

綺麗だから、格好いいから、オシャレだからという外観上のデザインだけではなく、数十年から100年に渡って維持可能な墓石の設計・加工・施工にはお時間を頂戴することになります。

お施主様は通常の数倍も長い期間、今回の着工までお待ちくださいました。

本当にありがたいことです。

しかし、工事はこれからが本番です。

お施主様の信頼と期待にお応えできますように、次回の工事も現場スタッフ一同が全力で取り組ませて頂きます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です