こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市内のお寺様の墓地での墓石工事のご紹介です。

image1 (0D0)

基礎コンクリートは既に完成しておりますので、先ずは芝台の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器を用いて水平を確認しながら、4つの部材を正確に据え付けます。

慎重な取り組みを心掛けておりますので、急がず慌てず、じっくりと作業に集中いたします。

image2 (09A)

芝台の各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

それに加えて内側の四隅をステンレス製のコーナー金具で補強することも怠りません。

これらの補強により、芝台の歪みや開きを長期に渡って防ぐことが可能です。

image3 (087)

続いて墓石本体の下台です。

芝台の上に据えますので、前後左右のバランスをきっちりと確認しながら作業を進めます。

image4 (05D)

この下台は四ツ石とも呼ばれ、芝台と同様の構造をしておりますので、補強も同じようにしっかりと行います。

耐震ボンドとステンレス製コーナー補強金具を使用いたします。

建立後に手直しが不要で末永くお参りして頂けるお墓づくりには必須の工程です。

image6 (01C)

下台(四ツ石)の次は中台、上台、棹の順に据え付け作業を行います。

各台に補強が必要ですが、やはり棹と上台の補強は特に重要ですね。

image5 (038)

今回の据え付けではステンレ製の耐震棒を使用した耐震補強になります。

直径25㎜のステンレス棒と耐震ボンドで棹と上台をがっちりと固定いたします。

この方法以外にも免震ゲルを使用した免震補強もおすすめです。

お施主様のみならず、お子様やお孫様の代までお参りして頂きたいと考えておりますので、完成後には外から見えない部分こそ、手間と時間を惜しまずに取り組ませて頂きます。

現場スタッフ同士が工程ごとの確認をしながら、最後の仕上げまで努めさせて頂きます。

この後、お施主様のご自宅に完成のご報告に伺いまして、納骨の打ち合わせもさせて頂く予定です。

建立後のメンテナンスもしっかりと行いますので、これからも宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です