こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市のお寺様の墓地でのお墓じまいのご紹介です。

image1 (0CF)

こちらの墓石は今から70年以上前に建立されました。

建立から一度も手直しをされていないとのことですが、現在でも傾きがほぼゼロの状態です。

当時は耐震補強などの技術がまだ確立されていない時代ですが、お施主様のご先祖様の大切なお骨を守り続けてくださった風格を感じますね。

image2 (099)

事前にお精抜きとお骨の取り出しは完了しておりますので、棹から順番に解体させて頂きます。

image3 (087)

続いて、上台・中台の順に作業を進めさせて頂きます。

岡崎産の高級御影石を使用されておりますが、現在でも研磨の艶がまだ残っています。

これは石材の品質だけではなく、当時の職人さんが時間をかけて丁寧に研磨してくださったことも大きな理由です。

戦前は現在の様に研磨の機械が充実しておらず、手磨きで行われることが大半だったそうです。

じっくりと時間をかけて取り組んでくださったことに頭が下がる思いです。

image4 (05D)

墓石の下台(四ツ石)の要所はコンクリートによる補強をしっかりと施してくださっております。

建立されているお墓にノミを入れることは複雑な心境ですが、だからこそ慎重かつ丁寧な取り組みを心掛けております。

image5 (038)

墓石の下台を1部材ずつ解体させて頂きます。

お隣の墓石とは極僅かな隙間しかございませんが、区画内の地盤はしっかりと強化されておりました。

私共の予想以上に時間が必要なほど、きっちりとしたお仕事をされておられます。

建立から70年以上経過したお墓に傾きが無いことに納得です。

当時の職人さんの技量と精魂込めた取り組みに感服いたします。

また、70年以上に渡ってご先祖様をお守り頂きましたこちらの墓石にも感謝したい思いで一杯です。

本当にお疲れさまでした。

image6 (01C)

解体後の区画は綺麗に整地させて頂きます。

お墓の各部材は保護布に包んで丁重にお運びいたします。

最後の瞬間まで石寅が責任を持ってお預かりいたしますので、ご安心頂きたいと存じます。

お客様のご先祖様のお骨を70年以上もお守りくださいましたお墓と、当時の職人さんには重ねて御礼を申し上げます。

この度のお墓じまいでは多くのことを学ばせて頂きました。

今後も新規建立のみならず、お墓じまいも精一杯努めさせて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です