こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市営梅田川霊苑での墓石工事のご紹介です。

image1 (0CD)

 

既に基礎コンクリートは仕上がっておりますので、先ずは芝台の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器で水平を確認しながらじっくりと作業に集中いたします。

位置決めの後に耐震ボンドとステンレス製のコーナー金具を使用して補強することも重要です。

墓石本体を支える芝台ですから、強度の確保に気を配りながら作業を進めます。

image2 (099)

続いて墓石の下台(四ツ石)です。

基本構造は芝台と同様ですので、前後左右のバランスに加えて水平の調整も重要なポイントです。

正確な仕上がりを心掛けておりますので、時間を惜しまずに取り組みます。

image3 (087)

下台(四ツ石)は四つの部材で構成されております。

各部材が接触する面は耐震ボンドで接着いたします。

それに加えて内側の四隅をステンレス製のコーナー金具で固定することで、更に強度を高めてまいります。

これらの補強により下台の歪みや開きを長期に渡って防ぐことが可能になります。

末永くお参りして頂ける丈夫なお墓づくりには必須の工程です。

image4 (05D)

続いて中台、上台の順に据え付けてまいります。

正確な据え付けに加えて、耐震ボンドによる補強も怠りません。

image5 (038)

上台の次は棹です。

前後左右の位置決めと水平な据え付けに集中いたします。

棹は縦に長い形状ですので、地震による倒壊を防ぐための対策が必要です。

耐震ボンドだけではなく免震ゲルなどの補強がございますが、今回はステンレス製の耐震棒を使用いたします。

 

image6 (01C)

直径25㎜のステンレス製耐震棒を装着して棹の転倒を防ぎます。

耐震ボンドによる接着補強も併用いたします。

地震対策の補強には主に数種類ございますが、墓石の形式・寸法や重量などによりその状況に適した工法をご提案しております。

花立・香炉・水鉢などの付属品を据え、最後の仕上げをいたしましたら、周囲のお掃除をして墓石工事の完了です。

近日中に行われる納骨式には、私がお手伝いにお伺いいたします。

建立後の点検もしっかり行いますので、墓石完成後も末永いお付き合いをお願い致します。

ありがとうございます。

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

梅田川霊苑についてはこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です