こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日のブログは豊橋市営梅田川霊苑でのお墓工事のご紹介です。

image1 (0C9)

今回のお墓はオリジナルの洋型墓石ですが、墓石本体と巻石が一体型になりますので、通常とは基礎コンクリートの打ち方と据え付けの手順が少々違います。

基礎コンクリートは芯がしっかり固まるまでじっくりと養生しておりますので、先ずは巻石の据え付けから始めさせて頂きます。

水準器で各部材の水平を確認しながら、丁寧な取り組みで作業を進めてまいります。

正確な仕上がりのために時間を惜しまず作業に集中いたします。

image1 (0CB)

巻石が据わりましたら、各部材が接触する面を耐震ボンドで接着いたします。

この接着補強に加えて内側の四隅をステンレス製のコーナー金具でがっちりと補強することも怠りません。

これらの補強が巻石の開きや歪みを長年に渡って防ぎます。

手直し不要で末永くお参りして頂けるお墓づくりには必須の工程です。

image3 (086)

巻石の据え付けが完了しましたら、通常は巻石の内側に墓石を支える基礎コンクリートを打設してコンクリートが固まるまでの間、工事は一旦保留となることが一般的です。

今回は墓石本体と巻石を一体化させる構造の為、巻石の内側と墓石の下の部分にある施工をいたします。

墓石の下台にあたる部分から手順通りの作業を進めます。

この工程でも水準器を使用して慎重な取り組みを心掛けております。

今回はオリジナル墓石の為、独自の方法で補強をしながら据え付けに集中いたします。

image4 (05C)

続いて棹の据え付けです。

複数の現場スタッフが微調整しながら、正確な位置決めを行います。

お施主様と何度も入念な打ち合わせをさせて頂いたオリジナル墓石です。

現場スタッフは通常とは別の緊張感を持ち、お互いに確認をいたします。

普段は黙々と作業に取り組んでおりますが、今回は各部材の位置や補強などが通常とは異なるため、現場スタッフ間で声を掛け合うことが多くなります。

最後の仕上げとお掃除を終えましたら、お墓工事の完成です。

設計・お見積り・お打ち合わせから完成まで決して短い期間ではございませんでしたが、完成したお墓を現場スタッフと共に眺めさせて頂きますと感慨も一塩です。

これからもお施主様にご満足頂けるお墓づくりに一生懸命取り組ませて頂きますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

梅田川霊苑についてはこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です