こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

今回は豊橋市内のお寺様の墓地に伺いました。

和型墓石からオリジナル墓石への建て替え工事のご紹介です。

image1-0aa

今から40年以上前に建立された墓石ですが、新しくお墓を建て替えさせて頂くことになりました。

巻石は補修をして、このまま使用いたします。

お施主様のご家族やお身内の方々の想いが込められた大切なお墓です。

既にお精抜きはされておりますが、私共もお塩・洗米・お酒で清めさせて頂き、丁重なお取り扱いをいたします。

image2-07e

墓石の棹から順番に解体をいたします。

使用石種は国内産の高級御影石で、墓石のつくりも建て方もしっかりしております。

解体させて頂くことが申し訳ないほどの綺麗な仕事ですね。

当時の職人さんの技術や取り組みに敬意を感じる瞬間です。

現代のように便利で優れた道具や補強金具がなくても、努力と工夫次第で丈夫なお墓の建立が可能であるということを学ばせて頂きました。

image3-06e

墓石の解体が完了いたしますと、納められているお骨を丁寧に取り出させて頂きます。

綺麗な容器に移し替え、新しいお墓が完成するまで石寅でお骨をお預かりいたします。

大切なお骨の管理も責任を持って行いますので、ご安心頂きたいと存じます。

続いて、新しい墓石を支える基礎工事に取り掛かります。

土を必要な深さまで掘り下げ、ランマ―で転圧をいたします。

次は砕石を敷き、更に転圧を繰り返します。

基礎コンクリートはとても大切ですが、それを支える地盤の強化も重要です。

完成後には外から見えない部分ですが、丈夫なお墓づくりのために現場スタッフは作業に集中いたします。

image5-02b

転圧が完了しましたら、次は配筋です。

鉄筋を適切な寸法に切断して、しっかりと組み上げてまいります。

組み上げた鉄筋を結束線でしっかりと固定することも怠りません。

これにより、コンクリートを流し込む際に起こり得る鉄筋のズレを防ぐことができます。

また、カロート升の設置も行い、ピンコロで鉄筋の高さを調整いたします。

細かい配慮、小さな作業の積み重ねが丈夫なお墓づくりには大切ですね。

image6-01c

次はコンクリートを流し込んでまいります。

気泡を抜きながら、コンクリートが均一になじむように慎重に仕上げてまいります。

コンクリートに空洞がありますと一定の強度が確保できなくなります。

墓石を支える大切な基礎コンクリートですので、丁寧な取り組みを心掛けております。

最後に周囲のお掃除をしましたら基礎工事の完了です。

コンクリートがしっかりと固まるまでの間は、時々様子を確認にまいります。

今回解体をさせて頂きました墓石は和型ですが、新しいお墓はオリジナル墓石になります。

お施主様にご満足頂けますように、次の工事も頑張ります!

 

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です