こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市内のお寺様の墓地でのお墓工事のご紹介です。

image1 (07E)

既に基礎工事は完了しておりますので、今回は入り口参拝部と巻石の据え付けをさせて頂きます。

準備が整いましたら作業開始です。

image3 (04E)

水準器で水平に気を付けながら据え付けに集中いたします。

正確な作業を心掛けておりますので、急がずにじっくりと取り組みます。

末永くお参りして頂くための補強も怠りません。

巻石の各部材が接触する面は耐震ボンド、四隅はステンレス製のコーナー金具による補強です。

これにより巻石のズレや開きを防ぎますが、更に別の補強法も併用いたします。

image1 (07F)

巻石の内側に力石と鉄筋コンクリートによる補強も大切ですね。

これは巻石の補強だけではなく、墓石本体の基礎にもなります。

コンクリートの厚みは地下30㎝、地上約30㎝ですから、合計約60㎝のコンクリートで墓石本体を支えることになります。

お施主様からの「孫の代までは建て替えんから、しっかりやってくれよ!」というお約束を違えることがないように強度重視で取り組ませて頂きます。

複数の現場スタッフが何度もお互いに確認し合って作業を進めてまいりますので、お施主様にはきっとご安心頂けるものと思います。

時間と手間を惜しまないことが、良いお墓づくりの重要なポイントの一つです。

細部の仕上げと周囲のお掃除が終了いたしましたら、巻石内部のコンクリートがしっかり固まるまで工事は一旦保留です。

厚みのあるコンクリートは内部がきちんと固まるまでにある程度の日数が必要です。

理想的なコンディションになるまでじっくりと待ちます。

お墓の工事に焦りは禁物ですね。

 

明日の工事も頑張ります!

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です