こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は豊橋市営飯村墓地の墓石工事をご紹介致します。

お施主様が体調を崩されまして、一時的に中断しておりました工事の再開です。

ご自宅に戻られましたお施主様からご連絡を頂きまして、お施主様の娘様がお立ち会いの下で作業をさせて頂きました。

image2 (00D)

先ずは、お墓の解体からスタートです。

棹、上台、中台の順番で作業を進めさせて頂きます。

image4 (005)

 

豊橋市営飯村墓地開設直後に建立された墓石ですが、傾きが生じることもなく、凛とした風格すら感じられました。

解体させて頂きますと、強度を保つためにしっかりとした作業をされているお墓だということが分かります。

数十年前に建立された墓石を現在の工法と比較されることがありますが、当時の工法でも丁寧な施工をされていれば、数十年の月日に耐え得ることが証明される素晴らしいケースだと思います。

当時の職人さんに敬意を感じる瞬間です。

私共も、数十年後の職人さんにガッカリされないように努力しなければならないと緊張いたします。

image1 (00F)

墓石と巻石の解体を終えますと、次は外柵の解体・撤去です。

実は、この外柵は以前に弊社でリフォームにより取り換えをさせて頂いたものです。

まだ新しいのですが、墓石の建て替えと共に新設されることになりました。

私共で設置させて頂いた外柵を、自分たちで解体することは少々寂しいものを感じますね。

image3 (00A)

墓石、巻石、そして外柵まで全て撤去させて頂きました。

今回の作業は、ここまでで一旦終了です。

次回は基礎工事からの再開になります。

完成時には、市外にお住いのお施主様も見学を希望されておられますので、作業だけではなく、お施主様の送迎も含めて、しっかりと努めさせて頂きます。

着工までの間に何度も打ち合わせをさせて頂き、墓石の形式の変更の度に「面倒をかけて悪いね。」と気にされておられたお施主様です。

何度も変更されるということは、お施主様の墓石に対する思いが深いということだと思います。

そのお考えはとても崇高なものですから、私共は面倒だなんて決して考えておりません。

最後の打ち合わせの際も体調がお悪いのではと心配しておりました。

しかし、お墓の完成まではもう少しです。

S様、ご両親のお墓は必ず綺麗に建立させて頂きます。

勿論、納骨のお手伝いもさせて頂きますし、建立後のお手入れもお任せください。

現場スタッフ一同、全力を尽くします。

 

株式会社石寅 岩田店  店長 山﨑 悟
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

飯村墓地について はこちら

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です