こんにちは。

豊橋市の石材店 石寅の山﨑です。

本日は新城市のお寺様の墓地での基礎工事をご紹介いたします。

こちらの墓地は各列ごとにコンクリートブロック枠を共有されておりますので、既存のブロック枠の解体・再建ができません。

既存の枠を残したままの基礎工事になります。

image1 (015)

また、墓石直下の基礎コンクリートしか許可されておりませんので、与えられた範囲の中でしっかりと作業をさせて頂きます。

image2 (00D)

このような状況ではもう少し深く掘りたいのですが、諸事情によりまして30㎝までしか許可を頂けませんでした。

可能であれば深さだけではなく、枠内全てをベタ基礎にさせて頂いた方がより強度が確保できます。

一般的に石材店は強度を重視致しますが、墓相上の観点や昔からの慣例などによりまして、工事の方法が変更される場合も稀にございます。

image3 (00A)

型枠、配筋、コンクリート打設、という具合に作業を進めさせて頂きます。

滅多にはございませんが、今回のように工事の内容に制限がありましても、建立させて頂く墓石に不備があることは許されません。

建立後にご迷惑をお掛けすることがないように、しっかりとした工事を心がけております。

こちらのお施主様の墓石にも弊社の30年間保証はお約束させて頂いております。

次回の墓石本体の工事も正確な工事を務めさせて頂きます。

 

株式会社石寅 岩田店   店長 山﨑 悟
―――――――――――――――――――

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-080-085
株式会社石寅 岩田店 担当:山﨑 悟

お墓の価格について はこちら
トップページ はこちら です